データ救出不可の例


当店でデータの救出に対応できない例です。
プラッタ上に大きな傷がある場合、ヘッドはプラッタに大きく接触した証拠となります。
ヘッドがプラッタに接触した場合、ヘッドは微細な部品のため簡単な接触だけで壊れます。

ヘッドが故障している場合、ヘッドを交換すればデータを読むことができますが、傷の度合いによってはその傷に正常なヘッドが接触した時点ですぐに壊れてしまいます。
また、ハードディスクは通電して認識するまでの間にヘッドが外周-内周を行き来するものが殆どですので、傷に接触する可能性が高くヘッド交換が成功しても通電ですぐに壊れて結局ヘッドを無駄にするだけとなります。
よって、プラッタ上の傷が大きい場合、ヘッドを交換せず救出不可の判定としますのでご了承ください。

傷が入ったところはデータが記録されている磁性体が削られています。つまり、記録されたデータが粉になって飛んでしまっているということです。そのため、傷に部分のデータは読めません。

20120715-102214.jpg